スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海株が急騰!中国経済は減速しているのにナゼ?

中国・上海株が急騰している。上海総合指数は4月22日に4300を超え、ここ1年足らずの間で2倍以上に伸びた。中国経済が減速している中、なぜ株価は上がっているのか。バブルの前兆ではないのか。上海株急騰を後押ししている意外な“真犯人”を明らかにする。(「週刊ダイヤモンド」編集部 大坪稚子)
中国の代表的な株価指数である上海総合指数が昨年秋以降、急ピッチで上昇している。下のグラフのように、昨年初の2000近傍から4月22日には4300を超えた。4月に入ってからも22日までで約13%伸びており、上海株の時価総額が日本株を抜いて世界2位になったとみられている。ちなみに3月末の時価総額は、上海株の4兆7831億ドルに対して、日本株は4兆8103億ドルだった(世界取引所連盟調べ)。

 株価急伸の理由は三つある。一つ目の、最も大きな理由は、皮肉にも、中国経済の減速である。それが金融緩和期待を呼び、株価を押し上げてきたのだ。

 ターニングポイントになったのが2014年11月。2年4カ月ぶりに銀行の貸出基準金利と預金基準金利を引き下げた。それでも景気の減速に歯止めがかからず、今年3月の全国人民代表大会(全人代)前に、追加利下げを実施した。これが、「景気が悪くなればまた利下げするはずだ」との観測を呼び、景気減速がむしろ株価上昇につながっている。

 二つ目は、政府の経済政策だ。3月12日に1兆元の地方政府債務の借り換えを認める方針を出し、地方政府の財政不安を和らげる一方、李克強首相が全人代の後の会見で景気刺激策を示唆した。

 三つ目は、中国が提唱するアジアインフラ投資銀行に、英国などの先進国も参加したこと。中国への信認が高まるとともに、中国のインフラ関連企業への恩恵が期待できることも株価を後押しした。
わずか1年足らずの間に2倍に急騰した上海株だが、政府はバブルとは受け止めていないようだ。3月には、「人民日報」(海外版)に「上海総合指数は年内に4000を突破する」という記事が掲載されている。

 また、中国の中央銀行である中国人民銀行の周小川総裁は、「株式市場への資金流入が実体経済も支えている」と3月に発言。あるアナリストは「株式バブルを抑制するための措置は考えていないというメッセージ」とみている。

 ニッセイ基礎研究所の三尾幸吉郎上席研究員は、「上海総合指数で4000というのは、株価収益率(PER)が20倍程度の水準。国際的に見て高過ぎるわけではない。むしろこれまでが低過ぎたため、株価上昇の余地が大きかった」と指摘する。

 上海総合指数が4300を超え、今後の株価動向は、景気や企業収益などのファンダメンタルズ次第ということになる。

 他方、中国の投資環境や投資家のマインドには注意が必要だ。中国では家計部門の投資が不動産や株などに限られるが、不動産価格が下落しているだけに投資資金が株に向かいやすい。

 また、中国の株式市場の参加者の大半が国内の個人投資家で、株価が上昇しているときには買いが買いを呼び、上昇を加速させてしまう。逆もまたしかりで、そのため株価が乱高下しやすくなる。
輸出が苦戦し
中国経済が減速
雇用情勢も悪化
好調な株価とは対照的に、「中国経済は見た目以上に悪い」(西濱徹・第一生命経済研究所主席エコノミスト)。

 15年1~3月期の実質GDP成長率は前年同期比で7%と、14年10~12月期の7.3%を下回った。1~3月の鉱工業生産の伸び率も前年同期の8.7%から6.4%に減速している。特に輸出は苦戦しており、3月は前年同月比15%の減少となった。中国の経済指標の中でも信頼度が高いといわれる電力消費量や鉄道貨物輸送量も低迷している。

 さらに、深刻なのが雇用だ。政府系シンクタンクの中国人的資源市場情報観測センターの調査では、今年1~3月期の求人数が前年同期比15.7%も減少している。SMBC日興証券の肖敏捷シニアエコノミストは、「李克強首相は、雇用を確保するためにも、構造改革より景気刺激を優先することになる」とみる。

 4月19日には預金準備率が一気に1%も引き下げられた。リーマンショック以来の大きさだ。中小企業への融資を増やし、「穏成長」(安定成長)につなげるのが狙いだが、リーマンショック後の過剰な公共投資が不動産バブルや地方政府の巨額債務を生んだことを考えると、果たして金融緩和が健全な成長につながるのかは不透明だ。

 原油安を背景に物価上昇率が低迷する中、不動産市況低迷による資産デフレが長引けば、本格的なデフレに突入する可能性すらある。

 今後の株価については、追加緩和期待からさらに上値を試す可能性がある一方、景気減速と企業収益の悪化から失望売りを誘う可能性もある。上海株の動向は世界の株式市場にも波及するだけに、注意が必要だ。
http://diamond.jp/articles/-/70784?page=3
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鉄パン

Author:鉄パン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。