スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわゆる「国の借金」が減少している(財務省に)不都合な真実

『「国の借金」3月末は1053兆円 国民1人当たり830万円
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL08HI4_Y5A500C1000000/
 財務省は8日、国債や借入金、政府短期証券を合わせた「国の借金」の残高が2015年3月末時点で1053兆3572億円になったと発表した。4月1日時点の人口推計をもとに単純計算すると、国民1人当たり約830万円の借金を抱えていることになる。
 昨年12月末からの3カ月間でみると23兆4366億円増加した。政府短期証券の残高増が響いた。前年度末と比べると28兆4003億円増だった。(後略)』




 先日の藤井先生と吉川洋との対談や、テレビでの「フィルタリング」から、財務省にとっても最も広まって欲しくない事実は、
「日本政府の負債(財務省が言う「国の借金」)は100%日本円建てであり、政府子会社の日本銀行が国債等を買い取ると、政府の負債が実質的に消える。というよりも、現時点で日銀が大量に国債を買い取っているため、政府の負債が実質的に消えている」
 であることが分かっているため、しつこく以下のグラフをアップデートしつつ掲載したいと思います。




【日銀保有国債・財融債・国庫短期証券と日銀以外保有分(単位:億円)】

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_50.html#Nichiginhoyu




 図の青い部分は、日本銀行以外が保有する国債・財融債・国庫短期証券です。一応、この青い部分については政府に返済義務があります(現実にはロールオーバーされるのでしょうが)。それに対し、赤い部分が日本銀行保有の国債・財融債・国庫短期証券です。


 赤い部分、日本銀行保有の「クニノシャッキ~ン」については、政府は別に返済する必要はありません。理由は、日本銀行が政府の子会社であり、親会社と子会社の間のおカネの貸し借りは、連結決算で相殺されてしまうためです。これは、民間企業でも同じ「会計ルール」です。


 無論、利払いも同じです。親会社と子会社の間の利払いは、連結決算で相殺されます。一応、日本政府は日本銀行に律儀に国債金利を支払っていますが、日銀の決算が終わると「国庫納付金」として返還されています。


 というわけで、政府の返済が必要な「負債」が減少していっている我が国に、「国の借金問題」も「財政問題」もありません。具体的な数字を書いておきますと、政府に返済義務がある「日銀以外が保有する国債・財融債・国庫短期証券」は、ピークの2012年9月と比べ、2014年末までに69兆円減りました。政府の負債(国の借金)が約70兆円減少したのです。


 これが事実です。つまり、日本経済新聞(だけじゃないですが)は「ウソ」を書き、国民を騙しているという事になります。


 現実の政治の世界では、存在しない「国の借金問題」「財政問題」に足を採られ、必要な財政支出が実施されず、それどころか消費税増税に代表される緊縮財政が実施され、デフレ脱却が遠のいてしまいました。


 ウソの情報に基づき、正しい解決策を講じることは、神様にもできません。


 お分かりでしょうが、日本の様々な問題、すなわちデフレ継続、防衛や防災面の安全保障弱体化、国民の実質賃金の低下、経済力(供給能力)の毀損、そして「発展途上国化」は、全て上記の「ウソの情報」に根ざしています。大本の「ウソの情報」を何とかしない限り、安全保障や貧困化、発展途上国化の問題を解決することはできません。


 このまま国民が「ウソの情報」に騙され続けると、最終的には「中国の属国化」という結末が見えてきます(いや、本当に)。


 今後のわたくしは、上記のグラフをガンガンテレビで使い、「いわゆる「国の借金」が減少している(財務省に)不都合な真実」について国民に伝えていきたいと思います。そのうち、財務省から圧力がかかり、テレビに出られなくなるように思えますが、とにかく一人の日本国民として、できることをやろうと思います。


 皆様も引き続き、ご支援よろしくお願いいたします。


※わたくしは公表データに基づき作成したグラフについて著作権を主張していません。自由に活用して下さって結構です。
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12024405174.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鉄パン

Author:鉄パン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。