スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国が追加利下げ、今年2回目 景気テコ入れの狙い、不動産市況悪化に危機感

 【上海=河崎真澄】中国人民銀行(中央銀行)は10日、金融機関の貸出基準金利と預金基準金利を11日から、いずれも1年物で0・25%引き下げると発表した。政策金利の引き下げは3月1日以来、約2カ月ぶり。昨年11月に約2年4カ月ぶりに利下げに踏み切り、金融緩和局面に入ってから2度目の追加利下げ。不動産市況の悪化が続いており、追加利下げで景気テコ入れを図る狙いがある。

 利下げにより貸出金利は1年物で5・10%、預金金利は2・25%となる。

 人民銀行は先月20日に金融機関から一定割合を強制的にあずかる預金準備率を引き下げたばかり。だが相次ぐ措置にもかかわらず、輸出の低迷や消費の伸び悩みが続き、急激な成長鈍化へ危機感を募らせていた。
中国の今年1~3月期の国内総生産(GDP)成長率は前年同期比で7・0%だった。4~6月期はリーマン・ショックの影響を受けた2009年1~3月期以来、約6年ぶりに7%を割り込むとの厳しい見方が内外で強まっている。

 また、4月の消費者物価指数(CPI)の上昇率は前年同月比で1・5%と低い水準で、「デフレに陥るのではないか」との懸念も出始めている。

 中国は貸出金利は自由化しているが、金融機関は人民銀行の定める基準金利を目安にしている。預金金利には上限があり、金利自由化を進める人民銀行は同時に10日、これを基準金利の1・3倍から1・5倍に引き上げる規制緩和措置も決めた。11日に実施する。
http://www.sankei.com/economy/news/150510/ecn1505100012-n2.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鉄パン

Author:鉄パン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。