スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャデフォルト、市場には備える時間十分あった=PIMCO


[ロンドン 18日 ロイター] - 米債券運用大手パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)のダグラス・ホッジ最高経営責任者(CEO)は18日、民間資本はギリシャのデフォルト(債務不履行)に備える時間がこれまで十分にあったとの見方を示した。ただ、実際にデフォルトとなれば、市場に一定の「調整」が起こる可能性はあると述べた。

ギリシャ支援協議は、18日のユーロ圏財務相会合(ユーログループ)でも合意に至らなかった。このまま合意できなければ、ギリシャは月末に予定される国際通貨基金(IMF)への融資返済が難しいと見られている。


広告











ホッジCEOは、証券監督者国際機構(IOSCO)の年次会合で「もう3年も続いている騒ぎだ」とし、「民間資本はギリシャのデフォルトに備える機会が十分あった。一定の調整は起こるかもしれない」と述べた。

ホッジ氏は、ギリシャがユーロ圏にとどまることを望むと述べた。一方、ギリシャがユーロ圏から離脱した場合に欧州全体に及ぶ影響については、経済的なものより政治的な影響のほうが大きいと指摘した。

同氏は、ユーロが18日に上昇したことに触れ「市場はグレグジット(ギリシャのユーロ圏離脱)を楽観的に考えている」と述べた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鉄パン

Author:鉄パン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。