スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECBトレード再開で欧州株高・金利低下へ

 (ブルームバーグ):ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥ったとしても、債権団との交渉が成功しても、為替相場の焦点は欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)を背景としたトレードに回帰しているため、ユーロの売り圧力が強まる、と市場関係者はみている。

ECBは少なくとも2016年9月まで月600億ユーロの証券を購入するQEプログラムを実施するとしている。ブルームバーグのデータによると、ユーロは年初来で4.4%下落し、主要10通貨の中でニュージーランド・ドルに次ぐ下落率となっている。対ドルでは3月16日に一時1ユーロ=1.0458ドルと、03年1月以来の安値を付けた。

バークレイズのアジア太平洋為替戦略責任者、ミツル・コテチャ氏は、「ECBは来年9月まで緩和策を続ける見通しで、ユーロには下押し圧力がかかり続ける」と予想。「現時点でECBの政策がユーロ相場の鍵になるとみている」と言い、7-9月期にもユーロが対ドルで等価まで下落すると見込む。 

ユーロ圏消費者物価指数(CPI )は5月に前年同月比0.3%上昇と、6カ月ぶりにプラスとなったが、ECBが物価目標の目安とする2%弱を下回る状態が続いている。

ECBトレード復活

ドイツの10年物国債利回り が過去最低の0.049%を付けた4月、欧州株の指標であるストックス欧州600指数 は過去最高を記録した。ECBのQEに伴う欧州金利の低下で、ユーロが売られ、ユーロ安を背景とした企業収益の改善で株価が上がるECBトレードの展開だ。

その後は、ユーロ圏の景況感改善を受けて、QEが早期に打ち切られるとの観測が出たことなどを背景にドイツの長期金利が6月に1%台を回復すると、ユーロは1.1ドル台前半まで水準を戻している。

三菱東京UFJ銀行市場企画部の天達泰章アナリストは、1月から続いたECBトレードは4月まで継続した後に、5月は利益確定の動きで反転局面にあったが、「6月に潮目が変わった」と説明。市場の焦点は「ギリシャから欧米金利差にシフトしてきている」とし、7月以降はユーロ売りが再開するとみる。

天達氏は、ユーロが対ドルで7月にも1.05-1.06ドル程度まで下落する展開を予想。ユーロ・円相場については、対ドルでユーロが安値を付けるタイミングで1ユーロ=131-132円まで下落すると見込む。26日現在は137円台後半で推移している。

ギリシャは国際通貨基金(IMF)への債務返済期限を今月30日に控え、債権団とぎりぎりの交渉を続けている。

みずほ証券の鈴木健吾チーフFXストラテジストは、「ここからさらに事態が悪化して、ギリシャがデフォルトからユーロ圏離脱ということになればさらにプラスの悪材料になるので、まだユーロの下を考える必要がある」と指摘。一方で、「ECBが追加の緩和を考えるほど経済が悪化しなければ、しばらくは経済指標をにらみながらユーロは1.10-1.15ドルの間でのもみ合いがしばらく続く」とみる。

記事に関する記者への問い合わせ先:東京 三浦和美 kmiura1@bloomberg.net;東京 Chikako Mogi cmogi@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先: Garfield Reynolds
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鉄パン

Author:鉄パン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。